NESSA

Tulpaと体外離脱

離脱世界の不思議

なんとなく一年前の夢日記を見返していたのですが、あることにビックリしたのでブログにもご報告。

 

いきなりですが、まずはこちらをご覧くだされ。

2月24日

パートナー派遣のおっさん より抜粋

 

ここで戻されコンティニュー。さっきの場所から始まった。

おっさん石垣に腰掛けて待っててくれたので私も隣に座る。

し「あっ、そういえば!自分離脱しても違う名倉に飛ばされて安定しないんだけどそのパートナーの人に会えるのかな」

お「会えるよ。そういうの(離脱先を調整する?)のはククがやってる」

し「クク?」

お「知らないか?このくらいのでかいマジックハンド持ってるやつ…最近はあまりこっちに来てないらしいから知らないのかもな」

し「え〜分かんない。そんな人に会ったらインパクトデカすぎてちゃんと覚えてそうだけど…私が忘れちゃってるだけかも」

 

 

 

この「クク」という人物、この記事を書いたときはもう完全に忘れていたのですが

 

なんと一年前の離脱で接触したことがあったみたいなんです……。

そのときのメモが一年前の夢日記に埋もれていました。

こちら!

 f:id:ghostland:20170522184828p:image

 

ククってこの人だったのか!!!!!役割みたいなのもバッチリ共通してるし

※いちおう本当の名前?っぽいのはかくしておきました。

 

 

え?そんだけ?とお思いの読者さんの顔が目に浮かぶようで!す!が!

これ もう超ビックリしました。

なぜって、私個人はこれまで体外離脱を「自分の脳内世界」ととらえていたんです。

つまり脳内現象派ですね。それ故に、離脱住民の発言は、脳が作り出した幻であると考えていたのです。

 

ところが今回、自分の認識の範囲外で筋の通ったお話が展開されていることに気がついてしまったわけですよ。やーもうびっくり。

離脱世界の人物(ここでは派遣のおっさん)の発言は単なるデタラメではない……と、私のこれまでの認識がひっくり返されてしまいました。

 

もしかしたら、私の記憶の底の底の底にこびりついたものを脳が拾っているだけなのかもしれません。しかし最近、このククさんの話のほかにも、点と点がつながるような体験が増えてきているんですよね。

 

とりわけ離脱世界で存在感を放ってる人たち、いわゆる上位名倉人の発言は、かなり自我が発達しているように思います。その他モブさんたちは会話は楽しめるんですが、あくまでフィクションという印象が強いかなあ。

 

真相は分かりませんが、私の世界観は私だけのものですし、どうせならロマンのあるほうへ進みたいと思っています!といっても今まで通り離脱世界を探索するだけなんですけどね!

 

おまけ

私の夢日記カオスすぎ問題

 f:id:ghostland:20170522184836j:image

f:id:ghostland:20170522184844j:image