読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NESSA

Tulpaと体外離脱

少年と雪

お久しぶりです!一月ぶりの更新ですね〜( ´・e・`)気まぐれなものですみません!

 

ここ最近は離脱の調子も戻って来て、打率も上がってきてます。

3月上旬は全然できなかったんですよね。おそらくグダグダな生活リズムとモチベーション不足が原因かと……。

 

以下今日のリダンツ日記

 

覚えてる限り抜けた記憶はなくて、突然名倉の自室だった。毎度恒例、タルパの等身大ポスターチェック。

 

うーん今日はまた随分とポップでキュートな絵柄だね!

絵から目を話すたび、ポスターの絵が変化することに気が付いて何度も見てました。

「砂漠さんどこかな〜」とポスターに話しかけると、「風呂場」という文字が浮かび上がったので階段を歌って踊って駆け下りながら風呂場へ。

 

いなーい!

しかし、リビングに戻ると見知らぬ少年がソファーに座ってました。

しめ「誰?」

少年「覚えてないんだ…(悲しげ)」

しめ「えっえっ えーっと砂漠さん…?」

というか思い当たる人物なんてタルパ氏しかいませんし。

 

少年頷いてましたが、内心別人では?と思ってます。見た目は似てなくもないんですが…なんかしっくりこない。

 

追及するのも悪いかなと思ったので、砂漠さん(ショタ)と思って接することにしました。

 

しめ「長期離脱したいんだけどなんか良い方法ない?」

ショタ「だったらおまじないしてあげる」

ギュッと強く抱きしめられた。

しめ「ありがとう(この体臭……砂漠さんのと違う気がする)」

 

 

しめ「…とりあえず遊びいこっか!窓から降りられる?(※ここは二階)」

ショタ「うん…」

手を貸しながらショタを安全に地面に落とし、私はいつものように地面に墜落しました。

 

しめ「雪積もってる!寒いね、長靴はこっか」

ショタ「なんだこれ、変なのっ笑」

今日は珍しく一発で召喚。私とショタの足に長靴が装着されました。

 

 

そのうち少年が雪玉をぶつけてきたので逃げる。結構痛いしどういうわけか5球連続で投げてくるんだもん…つくるの早すぎでは?

 

死角になる電柱の陰に隠れていると、いつの間にか子供が増えてて雪合戦になってました。

 

その間もずっと隠れて見守ってたんですが、突然どっからか湧いてきた青年に「あの子(ショタ)とセックスしてるところ見せてよ」と話しかけられたこと以外は平和でしたね。

 

雪遊びも落ち着いたみたいなんで出ていくと、ショタは子供達に空を飛べることを自慢してました。

女の子「すごい!役目がないと空は飛べないのに…」

しめ「私も空飛べるよ!(電柱を破壊し箒がわりに跨って近寄る)」

ショタ「遅い」

 

そんなこんなで子供達は解散

近所を歩いてみることにしました。

 

小さい子相手だしなんとなく背中に手を添えて歩いてたんですが、ショタも腕を回してきました。腹に。

 

しめ「ウッ…ちょっ、苦しいよ…なんか出そう」

ショタ「そう」

 

さっきの雪合戦といいなかなかサディスティックな少年だ…ますます砂漠っぽくない。

 

しめ「スーパー寄ろっか?あ、でもいっつも行ってるしつまんないよね」

ショタ「……」

しめ「あっあそこの花屋シャンプー屋さんになってるじゃん!へーなんか高そうなもんばっか並んでるな〜確実に4桁以上だわ」

ショタ「いつもどんなの使ってるの?」

しめ「これでも一応気を使ってるよ、800円くらいの選んでるもん」

ショタ「相場わかんない」

そうね……。

 

しめ「私今ちゃんと離脱できてるかな」

ショタ「うん、できてるよ。どうしたの?」

しめ「いや〜やっぱ長期離脱したいと思ってさ」

ショタ「上手くいくと一晩で一二週間滞在できるんだよね、すごいね」

しめ「ね〜」

 

そんな感じのこと話してたら戻されちゃいました。

シャンプーのくだりで少年の髪の毛触らせてもらったんだけど絹糸みたいでさらっさらでした。

 

砂漠さんは結構固い毛質なのにな〜。

戻ってきて本人に聞いて見たら、身に覚えがないと言われたのでやっぱりあの少年は砂漠さんではなさそう。