読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NESSA

Tulpaと体外離脱

タルパに35の質問

やってみました。1時間かかった…おひまなら見てね〜。

Q1.名前は(キャラならなんのキャラかも)
砂漠という名をもらった。元になった人物がいるが、今はその姿ではないな。
Q2.性別は
男だ。
Q3.主人のことは好き?
しめりのことだな、ああまあどうだろうな。……冗談だ、好きだよ。なんなら愛してると書いておけ。(書いたよ♡)
Q4.主人が気に食わないことをしているとしたらどうしますか
それはしょっちゅうだが、其方には其方の世界の道理があるのは分かっているから私は見守っておく。
Q5.性欲はありますか
すごいな、そんなことまで書くのか。
無きにしも非ずと言っておこうか。
Q6.捨てられたらどうしますか
消えて無くなるだろうか?それともどこか隙間へ逃げ込めるのか、分からないな。
Q7,何か特殊能力とかありますか?
それは此方の世界でということか?
引き寄せなら泣きつかれて数回試したことがある。成功はするが、多用するのは感心しない。
Q8,主人と一緒にいないときはありますか? また、そのときは何をしていますか?
しめりが風呂の時やご学友と話に花を咲かせている時などは向こうに行くようにしている。大体釣りかなにかをして過ごしているな。
Q9.名前の由来は?
しめりに聞くといい。
(砂漠に住んでそうな顔してるから。適当。いや嘘です)
Q10.好きな食べ物は何ですか?
エビとお茶漬け。
きつねうどんなんかは特別な節目に二人で食べている。
Q11.自分の性格を一言で現すと?
古風な、悪く言えば堅苦しさがあるかもしれない。今更言われても直せないな。
Q12.パートナーに一言ありますか?
早く寝てよく休め。
なるべく温かいものを食べて腹を冷やすなよ。
Q13.寝ますか?また夢は見ますか?
寝ると言っても仮眠くらいのもので、精神的に休むという感じだな。
夢は見ないが、しめりが見ている夢に引きずられることがある。
私にとっては夢ではなく現実だな。
Q14.離脱についてどう思いますか?
主人と触れ合える貴重な時間だ。私たちにとっては其方こそが現実そのもの。
Q15.好きな言葉は?
案ずるより産むが易し。
Q16.あなたは新婚さんです。さて相手になにをする?
子どもをこさえよう。
Q17.一万円あげるよーって言われたらついていく?
怪しいやつだな、金で人をどうこうしようとする奴が一番情けない。
Q18.姿、声をかえることはできる?
肉体は容れ物に過ぎないという事なら、やろうと思えば出来るだろう。
Q19.貴方とパートナーの関係を一言でどうぞ
主従。それ以上は望まない。
Q20.主人の現実生活について
毎日悲嘆にくれている。もう少し気を楽にと言いたいところだが、本人には難しいようだ。
Q21.離脱した主人とも一緒にいたい?
なるべく一緒に居てやりたいと思う。
必死に呼ばれるのは嬉しいことだ。
Q22.離脱した主人と戦いたい?
主人は女だから、なるべく野蛮な真似はさせたくない。私に傷をつけさせるのか?
Q23.戦った場合、勝てると思う?
いや、しめりの不戦勝だな。
Q24.何をしてる時が一番幸せ?
こうして寝転がって話している時間だろうか…、いや、三つの欲を共に満たしあっている時かな。……一つと言ったな、欲張りすぎか?
Q25.嫌いな事(物、生物、事柄問わず)は?
不当な労働、生物なら虫。
Q26.主人が寝てる時にはなにしてる?
隣で目を瞑って休んでいる。
Q27.主人にしてほしくないことは?
無駄遣い。金も時間も。
Q28.また、してほしいことは?
自分のやりたい事をしている時が一番幸せそうで安心する。
何より縛られるのが嫌いな性格をしているから、極力自由であって欲しい。
Q29.タルパの完成(幻聴化等)まであとどれくらいだと思いますか?
何をもって完成とするのか、突き詰めれば底がないのでは。
Q30.ジュワ、ジュワワジュワジュワ?
何かを焼く音に似ているな。
Q31.がんばればできそうなことは?(タルパ的な意味で)
夢への介入。今はそれが個人的な目標だ。それができれば二人の時間は増える。
Q32.あなたの目に現実世界はどう映ってますか?
忙しない世界だ。いつも何かに拘束されている。あのけたたましい音で目を覚まさなくてはならないのは異常なことに思える。
Q33.友人はいる?
特別親しい友人はいない。
さみしい事なのだろうか?
Q34.主人が異性と付き合う事になりました。どう思いますか
そちらはそちら。こちらはこちらだ。
そう割り切ろうと思っている。仕方のないこと。
Q35.主人がイメージで物を作ったとして、それに触れたり食したりする ことは?
いつもそうして食事を摂っている。
が、その維持は難しい、無から生み出されたものよりは、元となる物質があった方が強い。