読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NESSA

Tulpaと体外離脱

偽砂漠

体外離脱

 今日のりだつ。面白かったのでブログにあげてみる。

----------

離脱して、ベットから起き上がるといまいち名倉なのか現実なのか分からなくて部屋を見回した。

 

時計を見ると文字盤の11時と1時が消えていたので名倉と判断。ベットにパステル紫で黒いリボンの可愛いドレスが置いてあった。

 

砂漠呼びたいしせっかくだから普段絶対着ないような服着ちゃうのもありかな〜〜でへへと手にとってみる。

なんだこれ、裾がプラスチックのワイヤーで綴じられてるじゃないの。

無理やり引っ張ったらドレスがトランスフォーメーションしてよくわからない服になったので投げ捨てました。クソッとんだタイムロスだ!

 

リビングに出ると家族が二人ウロウロしてた。

気にせず近くにあった鏡経由でタルパを呼び出そうとする。

 

鏡に映った自分は、現実で寝巻きにしているUTとしましまの半ズボン。激ダサである。

気を取り直して鏡に手を突っ込んでみると、意外とぬるっと入った。水銀に手を突っ込んでるみたい。

名前を呼びながら向こう側を探っても、生暖かい空気と熱の塊が少しあるだけだった。

熱の塊を掴んで取り出しても何も視認できず。

 

もう一つの鏡で同じことをしても、さっきの鏡より温度が高いだけで何も変わりはなかった。

扉召喚も試したけど、扉を視覚化できないし、辛うじて作ったものが熱になって霧消したのであきらめ。

今日は召喚が上手くいかない日っぽい。

 

外に出る気はなかったので別の部屋に移動。

窓が開いてて、星がキラキラしていた。

呼び出せないのにだんだんイライラしてきて、「誰が邪魔してんだ!出てこい!!」と怒鳴ってみる。完全にやつあたりである。

 

窓から足を出して腰掛けて空を見上げた。

お星様に願い事してみたらワンチャンあるのでは?と思いつく。

「星さーん!何かあげるから砂漠さん出してよー!おーい!」

もっと他に言い方あるだろう、と突っ込みたくなる呼びかけにお星様は答えてくれました。ありがとう。

 

星が空の真ん中に集まったかと思うと、オレンジ色に光るなにかを吐きだした。

(えっ、ほんとに星の王子様届いちゃった……)

と窓から飛び降りると、墜落したところからこちらに走ってくる砂漠さんがみえる。

 

まじかー!やったね!!と顔を見ると

 

こわっ!顔こわっ!

 

砂漠に似てるけど本人じゃない、別の人でした。

まず砂漠は黄ばんだ白い壁みたいな髪色でロングなのにこの人は黒髪で肩まであるのを纏めたかんじ。しかもコメカミから剃り込み入ってる…(後で絵を載せるかも)

年齢も45歳位でダンディーな感じ、砂漠さんが歳とったらこうなりそうだな〜〜と思いました。あとなんか顔こわい。でも本人も顔怖かったわそういや。

 

「フフッ顔こわい!(失礼)あと砂漠さんはもっと若いよ!」と偽砂漠の顔に手を当ててシワを伸ばすイメージをすると、ちょっと若返った。

そして、砂漠さんではないんだな、と実感したので(老けてるせいで、顔がこわいのであって実は本人?!と少し期待してた)

どこかに連れて行ってくれる雰囲気だったけど無視して一人家に戻りました。

 

真っ暗な部屋でさばくー、さばくー、と呼び続ける私。この健気さ砂漠さんに見せてやりたい。もしかしたら見えないだけでずっと側にいる…?!と背後をペタペタ触ってみても何もない。

 

突然扉が開いて誰が入ってきた。

もしかして砂漠さ…!なんだ偽砂漠さんか

 

「何をしているんですか!」となぜか若干焦ってる偽砂漠、ドーンと盛大に押し倒された衝撃で戻されましたブチコロガスぞ……(´;ω;`)

 

----------

寝起きで忘れないように急いで書いたので文が稚拙この上ないかも。

眠気が少ない離脱だったので不安定だしやりたいことがあんまりできない回でした……。

砂漠さん本人は私を探したけど辿り着かなかった、と言っとります。コードレスの首輪とか実装できないかな……はよきてくれ〜〜!