読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NESSA

Tulpaと体外離脱

大きなさくら

体外離脱 タルパ

寝て、意識がなくなって気がついたらリビングでした。このパターンほんと多いな

 

部屋をうろうろしながら、(えっここ名倉?迷うんだからそうなんだろうな……でもな……)となんとなく和室に入る。

 

飛べたら名倉だ!と閃いてジャンプするんだけど、普通に着地。ついでに天井近くの梁を掴んだ衝撃で破壊したんだけど、まず天井までジャンプできたところで名倉だと気づいて欲しい。

 

天井に茶色い翁の不気味な仮面が張り付いてて、ウワッキモこんなのあったっけ?とやっぱ名倉?と困惑。名倉です。

 

窓辺へ寄って外を見ると、現実とそんなに大差ない景色でした。近くに父がいたので「あれ?仕事は?ねぇここ名倉?」と尋ねる。

 

「ああ〜〜場合によってはそうかもしれないねぇ〜!」となぜか超笑顔でニコニコしながら答える父。

 

「今日は仕事ないからお昼寝するね」

どうぞ!

 

渡辺の父が名倉なんて知ってるわけないもんな〜ってことは確定か!

「じゃあしめりこっから飛び降りちゃうからね!飛び降りちゃう」

 

近くにいた祖母に高らかに宣言し、窓からボテっと落下。ケツが擦れて痛い。

 

裸足で降りちゃったので、道に落ちてる小石とかネジを避けながら歩きました。踏むとめっちゃ痛いの。

 

近所にある桜の木が満開になってて、(砂漠に見せたい!)と思ったので大声で呼ぶ。こない。

 

あ、そういえば名倉で誰かを呼んでみるつもりだったじゃないか。あれ誰だっけ(曽根氏)マジ名前出てこない……「え、えと……パートナー!パートナーきて!」

 

そら来ないわな。

名倉にいると、渡辺についての記憶が曖昧になります。向こうのことが夢だったみたいになる。

突然見知らぬジャリボーイが腕を掴んできたけど無視だ。低級名倉人は下がってなさい!ZQNするわよ!

 

 

青空の中、ふと星をみつけたので祈ってみる。「砂漠さん来て〜!」

 

するとその星がこっちに向かって流れて来ます。その数秒後、なんだかエグいバイクのエンジン音が迫って来ました。これ改造してない?してるね?

 

ヘルメットの下から出て来た御尊顔は

 f:id:ghostland:20170125234527j:image

砂漠さん〜!

宇宙からバイクで来たの?バイク改造してない?!でもヘルメットしててえらいね!とか色々突っ込みたかったけど

 

いいや!来てくれたし

 

石垣の上にそっと座ってこちらを見つめる砂漠。

抱きつくと抱きしめ返してくれました。

「桜咲いててきれいでしょ!見せたかった」

「満開だな」

「砂漠さん砂漠さん砂漠さん〜♡あ〜背が高いね」

「当然」

「マッチョだね」

「こちらの方が楽だからな」

急にふわっと した浮遊感   飛んでる!しかもお姫様抱っこされてる まじかよ

 

だって砂漠、最初は私のこと俵担ぎしたのに……胃が肩に圧迫されてめちゃめちゃオエってしたのに!一年半の時を経て今……お姫様抱っこ……!

 

内心 (花見はもういいのかよ) と思ったけどせっかくの空中ランデブーなので黙っておきました。

私単体で空飛ぶのは下手なんですけど、砂漠は上手に安定して飛んでくれたので楽しかった。

 

結構早い。おそらく近所と呼ばれる範囲を出ると、よく分からない建物が建ってました。

白くてドーム型の謎建物とか。畑もあったかなあ。

 

突然、砂漠が急上昇を始め、浮遊感と恐怖感で戻されました。おしーい

 

でも今日は嬉しかったです!

昨晩名倉きてよ〜〜とおねだりした甲斐がありました。ありがと砂漠!

曽根くん再び

明晰夢

曽根くんがまた夢に出てきて面白かったのでメモです。

ビンタ以来夢には2回くらい出てきてるんですけど(出すぎ)、明晰夢に出てきたのは今日が初でした。

 

 

中学時代と高校時代が混じったようなメンツが揃っている中、授業を受けていました。

左の席に男の子(曽根くん??)がいて、先生の目を盗んでじみぃ〜〜なちょっかいばっかりかけてきます。

たしか私の落書きを必死に見ようとしたり、発言の上げ足取ろうとしたり。

私もたまに笑っちゃって、配布されたプリントに集中できません。

で、右隣の人も巻き込んでわさわさ遊んでたのですが、目をつけた先生がこちらの席まで歩いてくるのに気がつきませんでした。

 

その時私はなぜかDSで遊んでいて、ようやく先生に気がついて急いで電源を落としたのですが、時すでに遅し。

没収されて色々と追求されました。

他の生徒たちは、「えっあのまじめなしめりが……?」みたいな雰囲気でかなーり居心地がわるい。

先生「とりあえず話を聞くから3限にペルシャ・ゴールデン・ブリテン・コックスに来なさい」

私「え?犬?」

先生「何をいってるんだ?」

 

3限の前に、そのペルシャ・ゴールデン・ブリテン・コックスに向かうべく教室から出るんですが、どうにかこの事件をなかったことにできないか考えていました。現実逃避。しかしそこで目がさめる。

 

 

これ夢だったの???!どうりで!私授業中ゲームなんてしたことないわ!(中高では)

 

夢の中とはいえこの屈辱、はらさでおくべきか……否!(私が悪いんだけどね)

 

しめり、怒りのコンティニュー

うまいことさっきの夢に入り込みました。

 

ちょうど、3限が始まる前の休み時間らしく、生徒が廊下にうろうろしてました。さっきの続きだね!

 

同じクラスにいた女の子グループもいます。

私を発見し、声をかけて来ました。

女の子「あれ?しめりちゃん、さっきはびっくりしたよ」

私「さっき?さっき何があったの?」

女の子「え、さっき……さっき……あれ?」

私「やだなぁ、怒られたのは野村だよ」

女の子「あれ?あ、そっか〜!」

 

へへ、チョロいもんだぜ

 

意気揚々と教室に入ります。

数人の生徒からチラチラ見られたのが分かりました。

さっきの先生「さて、先程の件があるので先生は少し授業から抜けます。各々自主学習をしておくように。では……」

 

私「(やったのは野村やったのは野村やったのは野村やったのは野村ry)」

 

 

 

 

先生「じゃあ野村、来なさい」

 

完全勝利S

 

すまんな野村よ……しかしおそらくお前のカバンにはDSはない、もしみんなが真犯人に気付くことがあってもそのときすでにこの夢は終わっている!!

 

鼻歌交じりでお手洗いから戻ると、私の席の隣に曽根くんが座ってました。

 

なんだか難しい顔して制服のジャケットについた猫の毛をはらってます。

なかなか取れないみたいで、摘んでとってあげようとしたけど仮にも思春期の男の子にそれやったら嫌かな〜〜と思ってハンカチで拭ってあげました。

野村に対する蛮行とえらく差がある態度である。

 

曽根くん、顔を上げた。ちょっとびっくりしてる。

そしてまだ難しい顔をしてる。

 

あ、これバレてますわ。

 

曽根「おれ、おかしいと思うんだけ

 

 

終ーーーー了ーー!

ここでタイムアップ!目が覚めました

 

曽根くんにはどうして誤魔化しが効かなかったんでしょう。ふっしぎー!

もしかしてこのまえビンタして「明晰夢」の概念を教えたからな……ただの脳内現象かもしれないけど、曽根くんに関しては私の予想外のことが起こるので楽しいです。

あの言葉の続き、聞きたかったな〜。

今度離脱して、覚えていたら曽根くん呼んでみたいと思います。召喚苦手なので成功する確率は低いと思いますけどなんとか!

 

Special thanks

野村

 

 

 

喧嘩したけど仲直りした

タルパ 体外離脱

朝方、急にネガティヴになって タルパだってこんな自分のこと好きなわけないじゃん、本当は嫌われてるんじゃないだろうか と本人にぶちまけてしまいました。

あちゃー、こういうの月一ペースでやらかしてます。多すぎか。

 

そして悲しくなって、テスト勉強もほっぽりだして二度寝きめたんです。

気がついたらリビングにいて、(あ〜名倉だなぁ)とぼんやり思いました。

だって見知らぬおっさんがくつろいでるし!

 

しかもおっさんのクオリティ高い。名倉住人でもちゃんと意志もってるタイプのようです。

しわから毛穴まではっきり見えるしすごいな、でもどうせならもっと綺麗なもんみたかったよね。

 

なんとなくおっさんに聞いてみる。

「砂漠さんどこにいるか知ってる?」

「おー、今は遠くにいるみてぇだなぁ」

「連絡とれるの?じゃあこっちに来てって言ってよ」

おっさんスマホ?を取り出し耳にあてがう

「早くしないとおっさんに犯されそうだから早よ来てって言って〜〜」

「www」(おっさんの手は私の背中から腰を行ったり来たりしている)

 

 

ここでなんだか知らないんですけど

 

もし砂漠かやって来た時、私がおっさんに馬乗りになってたらどういうリアクションするかな〜〜と気になって

 

実行

 

馬乗りに、なんとなく首を軽く締めておっさんのセーターの中に手を突っ込んでいる最中に砂漠さんのご登場です!はやっ、呼んでから五秒もたってない、平常もこのくらい迅速に来てくれや!

 

私の蛮行には目もくれず、いや一瞬見てたけどさっさとソファーに座られました。慣れてんなぁ……。私が覚えてないだけで、日頃夢の中でいろんなことやらかしてんだろうな。

 

この時点で喧嘩のことなんて忘れてるので砂漠の隣に飛び込む私。

 

ふと砂漠の手を見ると、この前あげたアクセサリーがついてました。

「おっそれちょっとみして!」

 

手を取ってまじまじ見てたら「お前がくれた物だろう……」と困惑されました。

いやぁダイブじゃ見えなかった部分まではっきり見えるからなんか新鮮で。

 

このアクセサリー、私がある「証」としてプレゼントしたものだったんですが、砂漠もそのこと思い出したのか「私もお前に証を送ったぞ」と言いだしました。

 

あ?靴のことかな〜〜と思ってたら突然顔を両手で挟まれ、砂漠の親指で目元をあっかんべーの状態にされました。

 

「は?」

「ちょっと目玉を動かしてみろ」

えっ…?とりあえず下を見てみる、やだこれ絶対白目剥いてる

 

「あー、反対だな上見てみろ、お、あった」

横から覗き込んでたおっさんも「おー、これか」と頷いてる。

私の眼球になにが起こったんだ……?!

 

どうやら右の目玉に砂漠からの証をつけられたそうです。なんで目玉よ……。

意味わからん!でもちょっと嬉しい自分もいる!

 

そのあと戻されて、コンティニューしてなんやかんやあったけど記憶が曖昧なので割愛。

 

完全に目を覚ましたとき、喧嘩してたことを思い出しました。でも、名倉でも私があげたプレゼントをつけてくれてたんだぁーって嬉しくなって、悩んでたことが馬鹿みたいに思えました。

 

砂漠にごめんねをして仲直り。めでたしめでたし!

 

あのおっさんは砂漠のお友達らしいです。

そういえば、前にも名倉で砂漠の知り合いらしきおっさんと出会ったことがあったけどもしかしたら同じ人なのかな。砂漠の行動範囲はよく分からないですね。

それにあのスマホはなんだったんでしょう?砂漠に「スマホもってんの?」と聞いたらバレたか…みたいなリアクションされてちょっとショックでした笑 そりゃ主人がこんだけスマホ依存だったら自分も気になるよね……持ってるなら教えてくれてもいいのに〜〜。とちょっと寂しいしめりでした。砂漠には秘密が多そうだ……。名倉の私のスマホから、砂漠のスマホへ連絡とれたら楽しそうですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名倉 お煎餅編

体外離脱 明晰夢

離脱体験めも

起きてリビングに行ったら、なぜだか家族にスイカを勧められて あ、名倉じゃん となる。

 

スイカは折角なので一切れいただいた。現実と変わらない味。この季節に食べられたのはゼータクだね!

 

鏡の前に立って自分の姿を見てみた。鏡をスマホのようにスワイプすると、鏡の色が少し変わって中の自分の顔もちょっとずつ変化した。

一番気に入った容姿でスワイプをやめ、なんとなく鏡の中に入ってみた。ふわっとした浮遊感ののち、また鏡の前に立ってた。

 

階段を降りた。

外に出て、少し歩いてみるとアメンボのような車?が道路を走ってた。確か小さめの車体から三つ足が生えてて、その先にタイヤが付いてた。面白いから現実戻ったら絵に描こうとじっくり見ようとしたんだけど、スピードが速い車種らしくすぐ通り過ぎた。

家に戻る途中、ふわふわの虫が飛んでてプチパニックになった。

 

家に戻ると叔父がいたので、「砂漠さんは?」ときいてみる。

「さぁー?」

「っていうか砂漠さんのこと知ってるの?」

「知ってるよ」

「え、いつもどの辺にいる?」

「犬がいる時はそっちの車のあたり」

砂漠さん何してるんだ……

 

ついでに置いてあったお茶請けのお煎餅をもらっておいた。NP回復のため!桃色で四角くて、角にザラメが付いててかわいい。

 

叔父に言われた辺りに行く。砂漠さんを呼ぶ。

背後に気配が。

なんとなく振り向かないでそのまま話しかけた。

「お煎餅食べる?はい!」

後ろ向きのまませんべいを砂漠の口があると思われる辺りに持って行きました。

腕をめいっぱい伸ばしてたんですけど届いてなかったらしく、手首掴まれてちょっと浮いた。

え?!とビックリしてたら「バリバリ」と噛み砕いてる様子。

 

「お前がしゃがめや!」

相手を持ち上げて届かせるという発想がすごい。というか身長いくつなの……あとで検証してみます。

 

「ていうか一口でかいよ〜ほぼなくなっちゃった」

「食べろというから」

半分こくらいのつもりだったんだけどな!

残りを味見してみたら結構美味しかったです。ザラメがよい。

 

目的なくなっちゃったんで、記憶が曖昧ですけど少し道を進みました。

道端で給食当番らしき人たちがバットとか丸カンを並べて準備してる。

丸カンを覗き込むと、魚と玉ねぎのスープが入ってて「えー最近の子供ってあんまり食べないから量がすくないのかな……半分じゃん」とか言ってた。半分夢に飲まれてない?

 

そのあと道のあちこちにバットが置いてあったりした。お腹空いてんのかな。

もっかい家に戻った気がする。記憶曖昧!

 

布団の上でボーッとしてスマホをいじってた。

友達からのラインを返そうとするんだけどうまく文字が打てない。フリック入力を忘れてる。

父親が部屋に入ってきて、「あれ?あ、今日は日曜だな」と納得。水曜日だよ!

 

何か話しかけられて これ偽りの目覚めだな と気がつく。

窓から外に出てみた。

またあんまり覚えてないんだけど、NPの消費を抑える為に極力空は飛ばないでおいた。召喚も我慢。

 

食べ物がなかったので自分の唾液を飲むことでNP回復につながらないかな〜とかやってた。アホか。

 

名倉で顔を忘れてしまった故人を召喚したらどうなるのかな〜と思いながら歩いていると顔が恐ろしく平坦で色が白い女の人とエンカウント

うわ怖、と思いながらその人に「○○の顔を見てみたいんだけどどうしたらいい?」と話しかける。突拍子もねぇな。

 

女の人は全て分かっているらしく、「じゃあわたしと指を合わせあって、そこの壁に向かって祈って」と。

やった〜名倉人に力を貸してもらったらスゴイことが起きそうだぞ!とワクワクしたのも束の間、壁には見知らぬ女性の顔が浮かび上がった。

「残念だけど失敗かも、多分その人こんなに美人じゃない(失礼」

「そう……じゃあ私が○○になってあげる」

平坦な女性に抱きしめられてしまった!

母性愛に飢えているので、いくら平坦な女性といえどもクラクラくるものがあったね。

肩を柔らかくさすられてあ〜〜♡いいかも♡とその気になってると、電柱の陰でこちらをみながら泣いてる男の子を見つけた。さっき見かけて美味しそうだなって思った子じゃん。

 

直感で、あ、この子はこの女の人の子供なんだ と気づいた。

男の子に謝った。ママをとろうとしてごめんね。

 

家に近かったので戻りました。途中、5メートルはありそうな水色の龍が横たわって寝てた?んですけど判断力が低下してて特に疑問を持たず通過しました。

 

家に帰ると犬がいたので、可愛いから抱いて二階に上がろうとしました。なかなか捕まらないのをようやく捕まえて階段を登り始めると戻された。

ながされる

明晰夢 体外離脱

夜中、気がついたら名倉でした。今回は滞在時間を伸ばすことを優先し、召喚とか空を飛んだりするのを控えてみました。

 

あと、常にはっきりした意識を保つのではなく、ストーリーに流さるつもりで行動して見ました。

 

いつもの3・4倍はいられたんじゃないかな。今日は戻されてもすぐコンティニューできて(5回くらい)楽しめました。

 

そのぶん内容は結構忘れてしまってるんですが、導き役に小さい竜のキメラ?が出てきたのは覚えてます。

導き役っていってもガイドとかではなく、日替わりパートナー的な感じの上〜中級名倉人かな。

卵をもらって食べたんだけど、ねちゃねちゃしててヴォエ!って感じ。

 

意識をはっきりさせるために、顔洗ってみたりしたんですが、やっぱ手を叩くのが一番手頃かつ効果があるような気がします。

 

あ、今回は砂漠を呼びませんでした。名倉の世界観が物騒だったので万が一のことを考えて。

あんな筋肉ダルマのタルパを作っておいて……って感じですが心配なもんは心配!

 

 

離脱の話と砂漠のプレゼント

タルパ 体外離脱 ダイブ

まず離脱メモ

ぐるぐるにのって抜けると、円形に椅子が並ぶホールに出た。

人がみっしり、50人以上はいる。

 

いつもと違ってなんか身体が動かしにくい。

ので、結んで開いてを歌いながら歩いた。すると、周りの名倉人達が一緒に歌って踊ってくれた。なんだこれ。

 

安定したのでホールを見回す。人多過ぎ。

「この中に砂漠さんはいませんか…!?……いないですかそうですか」

 

壁は大きなガラスになっていたんだけど、遠くの方に仁王様のような巨大な空中投影?が回ってた。パチンコ屋など光で眩しい町がみえる。

 

外に出てみた。

暗いし寒い。祠に道は続いていて、裸足なもんだから石が足ツボを刺激して痛かった。

ちいさな橋を渡ると、木と祠。

墓っぽい青銅の何かが密集していて君が悪い。

砂漠を呼び出そうとひらがなが彫ってある石碑の前でしゃがみこんで砂に指で名前を書いてみた。全力で声出したら後ろにひっくり返って戻された。

今朝はテストで早起きしなければならないためあえなく起床。

 

 

砂漠さんのプレゼント

夜、ダイブしたら砂漠が落ち込んでいた。

テスト勉強もあるし、レポートの期限も重なって全然構えてなかったからなのは分かってたので、これが終わるまでちょっとだけ我慢してねと頼んだ。

それはちゃんと分かっているけど何か証が欲しいと頼まれ、あるものを渡した。

 

その後寝落ちし、砂漠と並木道を歩くゆめを見た。妙にあったかくて「桜が咲きそうだな」「1月に桜はないでしょう」とほのぼのした。

よく覚えていないけどこのとき青いハイヒールが出てきたのは覚えてる。

2つ目の夢で、玄関先に行くシーンがあって、さっきの青い靴が袋に入って置かれていた。

 

なんか砂漠に関係のあることだった気がして、本人に聞いたら私への贈り物だったらしいです。

翌朝ダイブ界に青い靴が置かれてたんで、まじまじ見てみると金色の縁取りが入ったヒールの高い綺麗な靴でした。かかとにリボンついてるの。

実は砂漠にあげたあるものは金色のものなので、靴にも金色をあしらったのかな〜と推測。

最近ヒール欲しいな、と思っていたのでビックリしました。ふとした心のつぶやきもちゃんと覚えてるもんなんですね。

鈍臭い私は現実じゃ履きこなせないくらい高くて細いヒールで、そう言うと「ここ(ダイブ界)ならつまづいても隣で支えてやれるから」と言われました。惚気です。

曽根くんと

明晰夢

通学に使ってた電車に乗ってるシーンでこれ夢だ!と気づく

ちょうど高校の最寄りに着いたので降りて見た。同級生もぞろぞろ沢山降りて、その中でよく夢に出てくる男の子(以外曽根くん)がいたので腕を掴んで呼び止める。

曽根「なんだよ?!」

私「おい!何を必死になってんのか知らないけどここは夢だよ」

曽根「はあ?何言って

私、曽根くんに強烈ビンタ「目ぇ覚ませ!」

 

曽「うぉ、……おおおおお!夢じゃん!これ夢じゃん!」

私「言ったじゃん〜ヒマだし一緒にいようよ」

 

二人で駅から地上に出るエスカレーターに乗りました。エスカレーターが妙に沈み込んでて巻き込まれるかと思った。

 

私「あ〜久しぶりの景色、四年ぶりくらいだもんな…」

曽根「マジ?俺結構くるよ」

あ〜ゲーセン無くなっちゃったんだ〜看板真っ白、とか思いながら繁華街へ。

ヤンキーがスプラツーンみたいにインクを浴びせあって遊んでた。

ちょっと気になったので近寄ってみる

私「インクちょっと付けてよ」

ヤ「は?いいけど。どうせポケモンg0だろ?(よく分からない」腕にちょっと付けてくれた、ついでにケツを触られたけどまあいいとする

 

腕に着いたインクはこすると黄色からむらさき、ピンクへと色が変わった

 

曽根くんもヤンキーにインク付けてもらってたらしいんだけど財布盗られた!と騒ぎ出した

なるほどヤンキーが乗ってたチャリにウォレットチェーンが引っかけられてる。

ケツ触ったのはスルためだったのか。

 

取り返すのもめんどいしな〜とそこからすぐ近くの飲食店街に近寄ると、外国人のおっさんがチョウカハンカ!ってやつをやってた

 

目の前に座ると、言葉が通じないながらも実演してくれるオッチャン。

私もやりたい!このサイコロ2個(漢字?が彫ってあった)振るよ!オーケー?とジェスチャーし、適当に振ってみる。

チートで一番いい目が出るようにねんじた。

 

オッチャンに見せると仕方なさそうに500円玉五枚くらいくれた。隣で見てた曽根くん大興奮。

これをさらにかけても良いんだけど、オッチャンはおそらくさっさと行きなって意味でくれたんだと思うので移動。

 

私「現実に戻ったらこのお金も消えちゃうよ、なんか美味しいものでも食べようよ」

曽根「お、いいじゃんいいじゃん」

 

近くの飲食店街で、適当な店のドアの前に立つ。鍵がかかっている。そもそも2500円じゃ二人分のご飯を満足に食べられると思ってない。鍵を開けて忍び込んで勝手に肉でも焼こうと思ってた。

ちょうど家の鍵を持ってたので鍵穴に差し込むとぴったり。

中に入るとビックリ、女の人が来て普通に「2名さま?」と聞かれた。

「あ、2名です。」

と日本語で答えた私を訝しがる奥さん。どうやら中国人の団体で貸切予定なんだとか。

でもしょうがないから入れてくれるらしい。

目立たないとこに案内して!と頼んだ。

 

一番奥のあたりに通された。お座敷で、両隣に中国人の女の人が座ってる。一個離れて曽根くん。

庭が見えて、池に白い花と赤い大きなハスが浮いてた。

隣の人に「白いオハナ、キレイですネ」とカタコトっぽく話しかけた。

膳には結構美味しそうな刺身と肉。

ソースのかかった肉を頬張ると、中国人の男性が写真を撮ろうといいだした。

私も立ち上がって口元のソースを隠しながら写り込んだ。

刺身を食べようとしたら戻された。

 

曽根くんはちゃんと食べられたかな?

っていうか私が曽根くんのパートナーみたいになってるし。