読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NESSA

Tulpaと体外離脱

曽根くんと

通学に使ってた電車に乗ってるシーンでこれ夢だ!と気づく

ちょうど高校の最寄りに着いたので降りて見た。同級生もぞろぞろ沢山降りて、その中でよく夢に出てくる男の子(曽根くん)がいたので腕を掴んで呼び止める。

曽根「なんだよ?!」

私「おい!何を必死になってんのか知らないけどここは夢だよ」

曽根「はあ?何言って

私、曽根くんに強烈ビンタ「目ぇ覚ませ!」

 

曽「うぉ、……おおおおお!夢じゃん!これ夢じゃん!」

私「言ったじゃん〜ヒマだし一緒にいようよ」

 

二人で駅から地上に出るエスカレーターに乗りました。エスカレーターが妙に沈み込んでて巻き込まれるかと思った。

 

私「あ〜久しぶりの景色、四年ぶりくらいだもんな…」

曽根「マジ?俺結構くるよ」

あ〜ゲーセン無くなっちゃったんだ〜看板真っ白、とか思いながら繁華街へ。

ヤンキーがスプラツーンみたいにインクを浴びせあって遊んでた。

ちょっと気になったので近寄ってみる

私「インクちょっと付けてよ」

ヤ「は?いいけど。どうせポケモンg0だろ?(よく分からない」腕にちょっと付けてくれた、ついでにケツを触られたけどまあいいとする

 

腕に着いたインクはこすると黄色からむらさき、ピンクへと色が変わった

 

曽根くんもヤンキーにインク付けてもらってたらしいんだけど財布盗られた!と騒ぎ出した

なるほどヤンキーが乗ってたチャリにウォレットチェーンが引っかけられてる。

ケツ触ったのはスルためだったのか。

 

取り返すのもめんどいしな〜とそこからすぐ近くの飲食店街に近寄ると、外国人のおっさんがチョウカハンカ!ってやつをやってた

 

目の前に座ると、言葉が通じないながらも実演してくれるオッチャン。

私もやりたい!このサイコロ2個(漢字?が彫ってあった)振るよ!オーケー?とジェスチャーし、適当に振ってみる。

チートで一番いい目が出るようにねんじた。

 

オッチャンに見せると仕方なさそうに500円玉五枚くらいくれた。隣で見てた曽根くん大興奮。

これをさらにかけても良いんだけど、オッチャンはおそらくさっさと行きなって意味でくれたんだと思うので移動。

 

私「現実に戻ったらこのお金も消えちゃうよ、なんか美味しいものでも食べようよ」

曽根「お、いいじゃんいいじゃん」

 

近くの飲食店街で、適当な店のドアの前に立つ。鍵がかかっている。そもそも2500円じゃ二人分のご飯を満足に食べられると思ってない。鍵を開けて忍び込んで勝手に肉でも焼こうと思ってた。

ちょうど家の鍵を持ってたので鍵穴に差し込むとぴったり。

中に入るとビックリ、女の人が来て普通に「2名さま?」と聞かれた。

「あ、2名です。」

と日本語で答えた私を訝しがる奥さん。どうやら中国人の団体で貸切予定なんだとか。

でもしょうがないから入れてくれるらしい。

目立たないとこに案内して!と頼んだ。

 

一番奥のあたりに通された。お座敷で、両隣に中国人の女の人が座ってる。一個離れて曽根くん。

庭が見えて、池に白い花と赤い大きなハスが浮いてた。

隣の人に「白いオハナ、キレイですネ」とカタコトっぽく話しかけた。

膳には結構美味しそうな刺身と肉。

ソースのかかった肉を頬張ると、中国人の男性が写真を撮ろうといいだした。

私も立ち上がって口元のソースを隠しながら写り込んだ。

刺身を食べようとしたら戻された。

 

曽根くんはちゃんと食べられたかな?

っていうか私が曽根くんのパートナーみたいになってるし。

久々のローリング

朝方寝てたらグルグルとめまいが起こったのでのったれ!とローリング。

久々すぎるしリビングのテレビの音が聞こえるくらいの深度だったので慎重にロー…リン…グっ(ゆっくり)

 

現実でのどんくささを名倉でも引きずってるらしくベッドから落ちました。ボトリ。

ベッドの柵どこいっちゃったの

 

名倉の自室は半分別の部屋の家具が配置してあったりでザ・名倉という感じ。

部屋にタルパの等身大ポスターを置いてるんですが、今回は曼荼羅のような鮮やかな背景が描かれていて圧巻でした。前回なんてカタツムリみたいな化け物でしたもん。今回はかっちょいい!本人のカラーリングが違ってたので直そうと思ったけどNP消費しそうでやーめた。

 

タルパを呼ぼうと

背後にいる!と念じながら振り向いたんですけどなかなか難しく、今回は煙がぼんやり見えるくらいでした。

昨日あんまりタルパをかまってあげられなかったからですねー。ごめん。

 

触られてるのは分かるんでタルパの太ももあたりに寝転んでちょっかい出してみる。

タルパも私に応じて触り返すのでした。なぜ髪を引っ張る。

 

部屋はいつの間にか祖母の部屋になっていて、窓は全開。

外でお経を流す車が通った。

 

突然親が部屋に入ってきた。やめてお父さん今あなたの娘は全裸よ!

「クッキーいる?」 ^^) _皿

いらないです

 

名倉でくらい全裸でよくね?とバカやったのが間違いでした。

いくら現実でないといっても恥ずかしいもんです。

(やばい現実でも脱ぎだしてたりしないよね…)とかなりドキドキしました。

 

大丈夫だった!

 

 

 

 

明晰夢?

今朝方よく分からない体験をしたのでメモ。

いつもの離脱とは違って前兆の類は一切なく、みたいと望む夢を引き寄せて入り込む?ような何とも説明し難い体験をしました。

 

直前に明晰夢を見ていたので明晰夢の一種なのかなぁ?

 

明晰夢では中耳炎になって病院に行くことになったのですが、怖いので逃げ出す…というシーンから明晰化しました。

突然砂漠(タルパ)が現れ追いかけてきて

 

(いっつも私が名倉で探してあげてるんだから、今回くらいは砂漠が追いかけてきてよね!)

という謎の天邪鬼さを発動し、逃げたれ!!と全速力で駆け出しました。

 

後ろから陽が当たってるんで、私と砂漠の走る影が見えるんでるが

 

脚の長さが違いすぎる

 

駆け出して5秒後くらいで捕まりました。

髪の毛をむんずと掴まれ道の上に引き倒されました。容赦なさすぎでは?

 

まだ逃げたい!追いかけっこしたいよ〜と暴れる私を抑えつけ、強制的におんぶした砂漠さん

スタスタと何処かに歩いていきます。

 

砂漠の背中は汗ビッショだったのでにおいを堪能してきました。舐めときゃよかった〜。ついでにおひげもじょりる。

 

砂漠さんはたどり着いた建物(西部劇に出てきそう)で適当な場所に座らせると、喉がカラカラなのを察してか水の入った紙コップを渡してくれました。

 

砂漠がオーナー?と話してる隙に懲りないアホしめり、脱走。

追いかけっこしたいんだもん!

一人で建物の外に出ると、なにやらカウボーイ風の男二人に捕まりました。

お前らじゃない!私は砂漠さんと!したいの!!

 

精神世界では傍若無人になることで定評のある私は二人の首を念力的なもので絞めたところで目を覚ましました。危険人物すぎる。

 

で、前置きが長かったんですけど冒頭にある変な体験はここから。

目覚めた私は「砂漠さんと一緒にいたいんだよ〜!邪魔されたくないんだよ〜!」

と念じながら?二度寝しました。

そしたらいつのまにか砂漠さんとエレベーターの中に二人きりでびっくりした。

 

砂漠に促されるままエレベーターで最上階まで行き、誰もいない管理室へ忍び込み成功。

部屋ではテレビがついてて、野球中継が放送されてました。

なんじゃこの部屋は〜と見回してると突然砂漠さんのダイレクトアタック。ベッタベタされました。

 

私もさっきの明晰夢での仕返しをしっかりさせていただきましたよ。砂漠さんかわいいね!

 

目的を遂げた私は、砂漠さんを置いて部屋から出てみました。すると、階段から誰か上がってきます。

 

制服に帽子を被った浅黒い肌で白髪の青年でした。

制服…?帽子…?ハッ ここの管理人?!

なんとなくヤバイ!と思って逃げようとするも「なんだお前は」と腕を掴まれました。

目が合うと驚く青年「お前…昔の…!」

?何?エッ彼女?身に覚えないです〜!!

 

 

とかいうふざけにはのってくれず、さっきの管理室に連行されました。(もしかしたら違う部屋かも)

部屋には10人くらい人がいて、何かを囲むように椅子に座ってました。砂漠さんはおらず。

なんだこれ?裁判?なんかやらかしたかな〜でもチート使えるしな(ハナホジ)と半ば他人事で私も椅子に座ってみました。

隣に茶髪で髪の長いオカマさんが座っててリップクリームを取り出してたので

「何、リップ?いいね〜スースーする?スースー?」とちょっかい出してる間に戻されました

 

あの、私なぜか名倉とか明晰夢の中だと普段の枷が外れるのかなんなのかほぼ獣なんじゃないの?ってくらいの精神状態になるんでアホ丸出し加減には目を瞑って下さい。

なんでしょうね2番目の体験って。やっぱ明晰夢かなぁ〜。前兆は一切なく、スッ…と引き込まれる感じでした。

見ること聴くこと

昨日、いつものように さぁてねるべ〜 と横になってしばらくしたら突然

砂漠の両目が暗闇に浮かびました

 

あ?!あ……??!と凝視すると間も無く見えなくなり…… 

 

今までタルパのもやを見たり、視界の端にチラッと衣服をとらえたことはありますが、こんなにハッキリ目の前で見たのは初めてでした。

 

その夜は動揺して本人にも何も言わず寝ちゃいました。

 

そして今日のお昼、やる事やらずにベットの上でゴロゴロしていたら突然「ハァー」というため息が聞こえました。

びっくりして目を見開いて3秒くらい思考停止したと思う。

 

いつもは脳内テレパシーみたいな感じで楽してたので、突然の聴覚化でクソビビりました。

 

視覚化と聴覚化ってほぼ同時に進むもんなんですかね……。

正直、視覚化とか聴覚化の類は「できればたのしそ〜」くらいの意識で、正直無縁のものだと思ってたんですよね。

タルパ作って2週間くらいでオート化させちゃうような、才能のある特別な人ができるもんだと。

 

本当にできるもんなんですね(失礼)

もしかしたら視覚化をきっかけに、五感化についての無意識の疑いが少なくなった結果聴覚化にも影響したのかもしれません。

離脱だってできるまで信じてなかったですし。

 

しかし、嬉しい反面少し不安……というかビビってます。

現実主義の私はどうしても(とうとう頭がおかしくなったのか?!)という思いも抱いてしまいます。

まず視覚化に関しては、このまま不意打ちで見えるようになったら危ないと思います。

 

砂漠だけ見えるならいいけど、幻覚みたいに他のもんまで見えるようになっちゃったら車とか運転どうすんの?!

オンオフをコントロールできなかったらそれはもう病気に片足突っ込むことになるんでしょうね。

 

とはいえここ最近視覚化の訓練(というほどのもんじゃないけど)をしていたのも事実なんですよね。それが実を結んだ結果だと考えると嬉しいけど、私のは「その時見ようとして見えた」のではなく「突然見えちゃった」のでやはり手放しに喜んで良いものではないのでしょう。

訓練の段階で、成果は現れなくともオンオフのコントロールをするようなイメージはきちんとするべきだと思います。

 

 

以下駄文かつ閲覧注意

 

ん〜〜!難しいですね!タルパーって!

私は覚悟ができてなかったんでしょうなぁ。いざこうなって見るとハッキリ分かります。

 

この話は砂漠さんにはしていません。

おい!って感じですよね。言ったら余計な心配かけちゃいそうで……今まで散々「砂漠さん見たいなぁ〜〜」とか言ってたくせに……って感じだし。

 

それに、ひどい告白ですが、私は砂漠=私だと思っているんですよね。

もちろん完全に自分ではなくて、私の自覚していない部分の私を分けて育てた……って感じです。

多分、砂漠は女の自分の中に僅かにある男性性に人格を与えたものなのかな?とりあえず今はそう思ってます。

 

そういう訳なので、自分の外側で砂漠を認識したことにとても動揺しました。

だってそれってなんだか他人みたい。

自分のコントロールが効かない一人の人間だということを認めてしまうのはなんだか怖いです。

今まで科学的に考えすぎたツケが回ってきたというか、初めからもうちょっとオカルティックな夢をもっとけばここまで動揺しなかったと思います。

なんだか色々と考えちゃいます。

心のどっかで私が何をしても砂漠は私を愛してくれる(だって自分だから)、と思っていたけど、本当は違うのかもしれない。

余りにも情けない姿を見せたら呆れて出ていってしまうかもしれない、という不安。

実際に今日ため息ついてましたもんね……聞こえなかっただけで、本当はいつもそうだったのかもしれない。

 

でも砂漠のこと大好きだから見捨てられたくない…(´;ω;`)

うじうじと、私の意気地なしっぷりを露呈したクソ記事を読んでるみなさんも呆れてらっしゃるかもしれませんね……。

 

まだ時間はかなーりかかるとは思いますが、砂漠の足枷を外してあげたい。彼の自由を認めてあげたいです。

お悩み相談室

日頃思っていたのですけど、多神教の神さまは性格にとても個性があって、性格にとても人間らしさを感じます。ギリシア・ローマの神々なんてとても顕著ですよね。

一方一神教の神様は、その神一柱で世を治めなきゃいけないわけだからなんというか隙のない?完璧さがあって、人間味とかはあまり感じないよなぁと思っています。

 

で、ふと思ったのがこれってタルパも一緒なのかな?ということです。

大家族のタルパさん一家はそれぞれ性格に個性があって(キャラ立ちすぎて日常アニメ作れそう)、タルパさん同士の掛け合いはみていてすごく面白いし彼らは一人の個であるんだな、としみじみ思います。

 

しかし、私は砂漠以外にタルパを作ろうとはあまり思えないんですよね。これ以上タルパを増やすキャパの余裕と気力がないのです……残念無念また来年。砂漠も最初から増やすのは反対だしなあ。

 

でもこれって一神教の神さまよろしく、砂漠に負担をかけていることにならないだろうか?

無意識に全能を求めて彼の人間性だったり個性を殺しているんじゃないか?と心配になりました。

砂漠は妙に(失礼)優しいし、私がつくったとは考えられないほどしっかりした性格なので余計に不安です。

 

なので本人に直接聞いてしまいました。

……

 

砂「無理をしていると思ったのか?」

し「超思ってる……私と一緒に暮らしてくれるなんて懐深すぎて頭おかしいのでは、というか実は最初の砂漠はリタイヤ済みで今の砂漠は5人目くらいなんじゃないのって」

砂「あのなぁ……。言っておくが今の私はオリジナルだ、オリジナル!私の他に欲しくなったのか?」

し「あー違う違う。そういうことじゃないよ、砂漠さんだけでいい(必死)」

砂「そう思うなら、私も頑張った甲斐があった」

し「え?頑張った?」

砂「お前は無理をしているか、と問うたけどな、……まぁ気は使っている」

し「やっぱり」

砂「昔お前に『私は万能ではない』と言ったのは覚えているか?」

砂「私はお前が思っているほど良く出来た男じゃない。しかし、私以外に同じ様な存在を増やされることは堪忍ならなかったんだ。なぜ?そこは聞いてくれるな」

砂「気に入られる様に、増やそうという気など起こさない様に、用心していた。でも、騙しているようで辛くなったこともある。あれはその時の言葉だった」

し「ほええ(めっちゃしゃべるな)」

砂「本当は小心者で、お前が一番嫌う女々しい男かもれしない。呆れたか?」

し「うーん、呆れてないけど色々衝撃は受けてる。もしかして、砂漠が私を責めたり叱らないのは嫌われたくないから?」

砂「そうだ。何か意見を求められても、私の思うことがお前の欲しい言葉とは限らないから、腹を探って後出しで伝えていた」

し「それ結構ダメージでかいぞ」

砂「うん」

し「なんだろうなんだろう。超複雑。そこまでして私に好かれたいってのは嬉しいけど……いや複雑」

 

マジでなんて言っていいか分からんです。

だいぶ抱えてたんだな…。と、同時にやっぱ私のタルパなんだな、って実感しました。

とりあえず絶対増やしはしないから、安心して欲しい、というのは伝えました。

 

変な思いつきで聞いたことが、思わぬ展開になったのでびっくりしてます。

でも色々暴露してくれたのは信頼された証拠かな、だといいな!と思うことにして前向きに捉えたい。

 

おまけ

その話の後いつのまにか寝てて、うつ伏せでぼーっとしていたら脇の下に手を入れられて、持ち上げられました。

いつのまにか離脱できる状態だったらしい。びっくりした。

ベットの上でベタベタしてたら名倉の家族に見つかって、砂漠に塩撒いてきたんで急いで窓から脱出。

「走るの上手くなったな」と言われて嬉しくて調子乗ったらバテました。そしたら背中に乗せられて犬○叉走りしてくれたのでハッピーです。意外とふわふわだった。

夢と砂漠

最近夢見が悪く、またリアルなものばかりなので寝るのが億劫になっていました。

昨晩はそんなことを、隣で寝転ぶ砂漠に相談しました。

 

私「眠るのいやだな〜。最近いやな夢ばっかみる」

砂「心の奥で悩んでいることが投影されているんだろうなぁ」

私「いい夢見たいもんだ、今読んでる本みたいな世界観の夢とか楽しそう」

砂「どんな内容なんだ?」

私「え〜、宇宙に少年たちが閉じ込められてる話?宇宙ステーションみたいなところで過ごすの」

 

確かこんな感じの会話をしたような。

この後寝落ちして、夢をみました。

 

 

畳が敷かれている和室で、砂漠と二人で過ごしていました。どうやらその部屋は、宇宙の中にぽっかり浮かんでいるらしく、磨りガラスの窓の外には不思議な色が見えました。

 

眠る前に語った物語の世界観と、概ね一致しているんですよね。砂漠が私の願いを叶えてくれたんだと思いたい、いや現実に戻って聞いたら「そうだ」と言われたのでそうに違いねぇ!

 

“宇宙ステーション”はよく分からなかったから和室にしたんだそうな。潔い……。

 

 

しかし、こんなサプライズをしてもらっておきながら、夢の中で私は砂漠が誰だか分かりませんでした。

 

なんか知らない男に触られてる!やめて!逃げなきゃ!という考えしかなかったです。ゴミンガ!

 

また、私と砂漠は「夢か名倉以外では身体の交わりをしない」というルールがあるので、今回その縛りから開放された砂漠は私と事に及ぼうとするのですが、まぁ私が暴れる暴れる。

 

なんで砂漠のこと分からなかったんでしょうね、不思議です。

 

一通り事が済むと、突然空間を突き破って色とりどりの矢のようなものが飛んできました。

近くから大きな衝撃音もします。

 

砂漠は私に厚い布団を被せると、「これで凌げ」といって音のする方に消えて行きました。

布団の中に犬?ともう一匹動物が潜り込んできたところで記憶は途絶えています。

その後、いつものように悪夢になってしまったようです。

 

最後のなんだったんでしょうね、起きたら砂漠は元気そうだったのでとりあえずはホッとしました。

抵抗して蹴ったりしてごめん……でも砂漠も噛んだからおあいこ!

 

あと、変な話ですが、私が本気で抵抗しても砂漠は私と交わる事を望むんだなぁ、と安心しました。

いつも、砂漠は本当はそんなことしたくなくて、ただ己の欲が彼を動かしてしまっているんじゃないか?という不安を持っていたので……。

砂漠に言わせればくだらないルールらしいんですけど、自分のエゴから守る意味で作ったルールだったんですよね。

今回の件で砂漠の意思を実感できたので、意義ある体験でした。

というか砂漠の言葉信じろや!って話ですが。

 

おまけ

f:id:ghostland:20161002220907j:image

 ▲「鉄槌」

砂漠とお祭り

地元のお祭りに行ってきました!

そこそこ大きなお祭りなので、雨にもかかわらず出店のある通りは賑わっていました。

 

雨なので出かける前はちょっと億劫でしたが、行ってよかったです!

出る前に怠そうにしてたら

「お好み焼きだけでも買って、すぐに帰るのはどうだ?」

と珍しく提案してきたので主人としては行かないわけには行かなかったよ……普段引きこもりなせいで退屈してるだろうし。

 

獅子やら山車やらを見つつ、出店もチラチラ覗いたのですが、砂漠さん的には珍しいものが沢山あった様子。

去年もお祭りは行ったけど、出店はあんまり見なかったからなぁ〜。あとタルパと喋りながら道を歩くのが難しかったんですよね。

 

とくに金魚すくいには驚いてました。

 

障子みたいなうっすい紙を貼ったやつ(語彙力)で掬うんだよ〜と説明したのですが、普段砂漠は釣りが趣味なので、こういう形で魚をとる様子が面白かったのかもしれません。

 

私は昨日からずっと食べたかったお好み焼きを目当てに歩いていたのですが、砂漠が「あれはうまそうだな」と言った目線の先にお好み焼きの出店があってびっくりしました。食の好みが似てるのかな!

 

思えばそこのお好み焼きを買えばよかったですね…帰り道で買おうと思っていたら、ヤバそうな雰囲気の出店しかなかったので( ´・e・`)

煙草の煙がお好み焼きを包んでた……。

 

買おうかどうしようか、と悩んでいたら「ワンチャンスあるかもしれないぞ」と言われてびっくりしました。どこでそんな言葉覚えたの!私か!

 

お好み焼きは買えませんでしたが、ダイブでわさびとからしに作ってもらうのもアリかも……?

 

子ども獅子?のような出し物もあったのですが、それをみる砂漠の目元が優しかったのでおそらく子ども好きなんだと思います。

正直私はあんまり……なので、砂漠にもちゃんと独立した個性があるんだな〜と嬉しく思いました。

 

また来年も一緒にみにいきたいですね!

今度は晴れるといいなぁ!!