NESSA

Tulpaと体外離脱

隣合わせの話



--------
犬の散歩で二駅離れた施設に来てしまっていた。
急に、帰らないと、どうして自分はたかが犬の散歩でこんなに離れたところに来てしまったんだ、と怖くなる。


犬(ポメラニアン)を引きずりながら、駅へ。
切符売り場までつく途中、どこかの体育館を通ったり迷子になったりした。
自分の記憶と、実際の地理が噛み合わなくてイラついてる。

駅で切符を買うため、女の子の後ろに並ぶ。
頭上の料金ボードは、人の頭に邪魔されてよく見えない。

 

受付、私の番。
駅員「そこまでなら、185円だよ」
小銭入れを開ける。

185円ってなんだっけ?頭が働かない。百円玉と、あと50円玉でお釣りが来る?


駅員「……。」
私「間違ってますか?」
駅員「おつりは、要らないよね?」
私「え、いいですけど」
駅員「じゃあちょっと待ってて」
駅員は、事務所の扉に消えた。
私の後ろに沢山の人が並んでいる。早く帰りたいだろうに、私が邪魔してしまっている。


駅員はまだ来ない。
私「私って、運が悪いと立て続けにその連鎖にハマっちゃうんだ」
女の人「そうだね、ほんと」
私「この前だってね、目の前で電車が行っちゃったの。それも一日3本全部。今日だってね、すごくついてない……こんな、……あ、犬大丈夫かな?(犬はリュックの中から顔を出してる状態)」
男の人「大丈夫みたい」
私「よかった。ごめんねぇ」
リュックを、後ろの誰かが軽く押している。待ちくたびれた抗議だろうか?

あっ、

 

扉を見ると 駅員がドアに挟まれてうつ伏せに倒れている。まるでギロチンだ。
駅員「ハハハ、ごめんね。おつりは、やっぱり出ないようだよ」
男と女は消えていた。


家に着いた。もう夕飯の時間になってしまった。 


窓からふと空を見ると、違和感を感じる。
積乱雲のような厚い雲は、重力に影響されていないようで、上下に膨らんでいる。
隙間から見える丸い青空は、水彩絵の具でカスリを入れたように斑。その穴を、大事に包むみたいに、黄色の雲が縁どっている。

私「パパ!来て!空がすごいよ」
父「なんだよ?別に何ともないじゃないか」
私「え?すごくきれいじゃない……あ!」


空の中央に、いつの間にか惑星が8つ並んでいた。
あれ?これ、前も見たことあるぞ? 


惑星は、普段の月と同じくらいの大きさで、宇宙の彼方ではなく。数100メートルの距離で静止していた。


目の前の超常現象に興奮して、何度も「みえる?みえる?」と父に聞いた。

惑星たちは突然、空を散開した。空気を逃がした風船が駆け回るみたいに。そして消えた。

思い出した。
私「これ!今の!今まで2回見たことがある!ずっと夢だと思ってたのに……ホントだったんだ!すごい!ねぇパパもみたでしょ?!すごいね!」

父「うん……」

 


私はツイッターを開いた。
今の光景、写真で撮った人がいるかもしれない!

でも、上手く操作できなかった。いつの間にかトンチンカンな言葉で検索している。画像欄には、白い女の肢体。
結局、あの惑星のツイートなどは、一向に見つからないのだった。

食欲はないけど、目の前に出されたカブの味噌汁を啜った。

 

 

私「さっきの、ほんとにすごかったね」
父「そうかなぁ」
私「……?もしかしたら、2人とも違うものを見たのかもしれない!」
父「そうかもなぁ」
私「じゃあ、私がさっき見たやつ描いてみる!そしたら、同じかどうかわかるでしょ?」

 

白い紙に、丸を8つ。あ、時間も書いておかなきゃ。今日は6月1日の……たしか、21:11……そのくらい?


ふと、また窓の外を見ると、隣の家のベランダに黄色い服の女の子が見えた。
女の子は、空を見ていて足元に注意せず、うっかり落ちてしまった。
私は驚いて叫んだ。女の子の叫びとシンクロした。

 

父は窓に駆け寄っていった。
私は動けない。落下した女の子の周りで、数人が話す声が聞こえる。

 

女の子は死んだのかな?
見たい、見たいけどほんとに死んでたら?

窓が見えないように後ずさった。
見たいなぁ、でも、人の死体へエンターテインメントみたさに集まる人間になりたくないよう。
それに、お化けに取り憑かれたら嫌だし……怖いなぁ、見たいなぁ、……。

 

 

 

私は仰向けになっていた。布団から出た足は、直角に曲がっている。

 

 

夢だったんだ。
え?じゃあ、あの惑星のショーもまた夢だったの?

あれ?

 

ドン引きされた話

寝る前、エッチな気分になったので追いかけっこ(性癖)を想像しながら目を閉じました。

 

いつの間にか五感が伴っており、妄想だったものに入り込んでました。

逃げるのをやめ、振り返って鬼役らしきお兄さんと対峙。えふじおのソロモンに似てるお兄さん。

 

男「?」

し「あ〜、なんかお話しません?」

男「話?」

し「……(冷静になったらその気も無くなったから)いや~なんとなく!!なんか楽しい話しません?あ、お兄さんの悩み事とかでもいいよ、聞くよ!座ろー」

 

男「!?!?!?お、おまっ!?どうしちゃったんだ?!」

し「えっ?なに」

男「そんなに落ち着いちゃって?!まさか子供でもできたのか!!!」

 何言ってんだ!めちゃめちゃに肩揺さぶってきやがるぞ!精神的落ち着きに妊娠が関係あってたまるか

 

し「できてないから!……いやこっちの人の悩みを聞くことで、今後の砂漠さんとの生活にもなにか役立つかなって(照れ)」

男「あーーー そう」

 

戻っちゃったのでリスポーン

し「ていうかここどこ?名倉?精神世界?」

男「どっちかという精神世界寄り」

し「ほーーん。あっ何これ」

 

大学のような、病院のようなフィールドだったのでその後は部屋を開けてまわったりなんだりしました。

 

し「ということがありましたのよ」

砂「…で?良い情報というのは聞けたのか」

し「なーんも。ひたすら正気を疑われて話どころではないようだったよ」

砂「お前は向こうの住民から何だと思われてるんだろうな……」

ほんとだよ

 

私が色々欲に支配されて、名倉人を誘う時も(あ~まったくしゃあねーなこいつは…)みたいなこと思って付き合ってくれてたんですかね ヒェー

 

今日のお兄さんなんて露骨で酷かったぞ!

なんとなく、モブではない名倉人は私のこと知ってて一緒にいてくれてるっぽいんですよね。

パートナーはいるのですが、基本的に出てこなくて(もはやパートナーと呼んでいいのか)

そのかわり、日替わりで誰かしらが一緒に行動してくれてます。守ってくれてるんでしょうね、私が誰かに危害を加えたり加えられたりしないように。

 

 

離脱世界の不思議

なんとなく一年前の夢日記を見返していたのですが、あることにビックリしたのでブログにもご報告。

 

いきなりですが、まずはこちらをご覧くだされ。

2月24日

パートナー派遣のおっさん より抜粋

 

ここで戻されコンティニュー。さっきの場所から始まった。

おっさん石垣に腰掛けて待っててくれたので私も隣に座る。

し「あっ、そういえば!自分離脱しても違う名倉に飛ばされて安定しないんだけどそのパートナーの人に会えるのかな」

お「会えるよ。そういうの(離脱先を調整する?)のはククがやってる」

し「クク?」

お「知らないか?このくらいのでかいマジックハンド持ってるやつ…最近はあまりこっちに来てないらしいから知らないのかもな」

し「え〜分かんない。そんな人に会ったらインパクトデカすぎてちゃんと覚えてそうだけど…私が忘れちゃってるだけかも」

 

 

 

この「クク」という人物、この記事を書いたときはもう完全に忘れていたのですが

 

なんと一年前の離脱で接触したことがあったみたいなんです……。

そのときのメモが一年前の夢日記に埋もれていました。

こちら!

 f:id:ghostland:20170522184828p:image

 

ククってこの人だったのか!!!!!役割みたいなのもバッチリ共通してるし

※いちおう本当の名前?っぽいのはかくしておきました。

 

 

え?そんだけ?とお思いの読者さんの顔が目に浮かぶようで!す!が!

これ もう超ビックリしました。

なぜって、私個人はこれまで体外離脱を「自分の脳内世界」ととらえていたんです。

つまり脳内現象派ですね。それ故に、離脱住民の発言は、脳が作り出した幻であると考えていたのです。

 

ところが今回、自分の認識の範囲外で筋の通ったお話が展開されていることに気がついてしまったわけですよ。やーもうびっくり。

離脱世界の人物(ここでは派遣のおっさん)の発言は単なるデタラメではない……と、私のこれまでの認識がひっくり返されてしまいました。

 

もしかしたら、私の記憶の底の底の底にこびりついたものを脳が拾っているだけなのかもしれません。しかし最近、このククさんの話のほかにも、点と点がつながるような体験が増えてきているんですよね。

 

とりわけ離脱世界で存在感を放ってる人たち、いわゆる上位名倉人の発言は、かなり自我が発達しているように思います。その他モブさんたちは会話は楽しめるんですが、あくまでフィクションという印象が強いかなあ。

 

真相は分かりませんが、私の世界観は私だけのものですし、どうせならロマンのあるほうへ進みたいと思っています!といっても今まで通り離脱世界を探索するだけなんですけどね!

 

おまけ

私の夢日記カオスすぎ問題

 f:id:ghostland:20170522184836j:image

f:id:ghostland:20170522184844j:image

 

 

 

 

 

 

 

召喚、ワープ、そらをとぶ!

前回更新からほぼひと月?!時の流れるのは早いですね…。あともうひと月したら外は熱くて地獄だろうなぁー。

 

今日の体験記

気がつくと自室にいた。でも、現実の部屋ではないようだったので離脱と判断。

衝動的に外へ飛び出しそうになったけど、滞在時間のことなどを考慮して家の中を探索することに。

実は最近気がついたんですが、家の中にいると滞在時間伸びる気がするんですよね。離脱世界でも引きこもりだよ……。

 

そういえば部屋のクローゼットとダイブ界が繋がってる設定だったじゃん!砂漠いるかも、とイソイソとクローゼットに入ったはいいが……この時私は忘れていた

 

そのダイブ界は先週潰したということを!

(ダイブが基本できないので世界に愛着が湧かずにすぐ潰す)

 

クローゼットの中は真っ暗だった。

歩いてみると地面が一段下がって知らない白っぽい部屋にでた。えっ何処?

知らない男がこっちをみてる。えっ誰?

 

金髪でファイ○ーエム○レムのサイラス似のお兄さんだったと思う。

今回コンティニューしまくりで記憶が曖昧なんですけど、気さくに話しかけてくれて中々楽しかった。

ここら辺で再コンティニュー。

さっきのサイラス(仮)はいなくなってた。誰かから悪い人たちに捕まったんだよ、と教えられた気がする(記憶が…)

 

だったら悪い奴らをとっちめてこよう!ってことで旅立つ。ベランダに出て、一瞬(現実だったらこっから飛んだらヤバイな!)と思いましたが、視界を見る限り名倉っぽいしイケる!ということで身投げ。

 

すぐに「フライ!」のかけ声でcc○くらっぽい杖が出現、それに跨って空を飛びました。

自信をギリギリまで追い込んで召喚すると成功しますよ!おすすめ!

 

杖のコントロールは結構難しくて、上昇、下降のかけ声で動かすんですが(激ダサ)、なんとか敵の本拠地っぽいとこに降りる。

私が敵の本拠地だと思えばどこだってそうなるのよ、それが名倉。

 

入るとすぐに石造りの大ホールとなっていたので、柱裏に隠れて様子を見てると、ぞろぞろと赤いローブを被った集団が長方形のテーブルに着き始めました。なんとなく、最後の晩餐の絵画っぽい絵面でした。

 

親玉は…多分あいつ!と、(真ん中にいるという理由だけで選ばれた)矢をつがえて発射。

弓矢はおジ○魔女に出てきそうなピンクの超かわいいデザインでした。多分さっきの杖が変化したもの。実際に矢を飛ばすんじゃなく、空気を圧縮してカマイタチっぽくする?感じだと思いました。

ビビリなので当たったか確認もせずにワープで自宅の近所へ。多分ワープなんて初めて使いました。

 

空からピュンピュンと音が近づいて来たので、もしかして敵側の偵察かなんか?と剣をふるってみると、妖精っぽいのが二体串刺しになっちゃった……すまん!

剣をカードに戻して、スカートのゴムのとこに挟んだあたりで戻され再コンティニュー。

 

この時のコンティニュー法が今までと違ってて、肉体の目を開けずに無理やり名倉体の目をこじ開ける……って感じでした。

肉体の目を閉じると当たり前ですけど真っ暗闇ですよね?そのとき肉の身体を動かさないようにもう一方の身体の目を無理やりあけると向こうの景色が見えて、コンティニューしてました。

文で書くとマジ意味わかんないですね。

 

自宅の部屋の中にリスポーンしたので、視界を安定させつつ鏡の中に入って見ました(気まぐれ)

 

冷たくない薄い氷を無理やり破る、みたいな感じで向こう側に出ました。

でも特に変化なし。そのあと特に何もせず、すぐに現実に帰って来たとおもいます。

 

どの場面がわかりませんが、今回ようやく名倉滞在中にゲツさんのことを思い出しました。

夜空に向かって大声で名前を呼んだんですが無反応。パートナー説は薄くなりましたね〜。

 

今回は砂漠さん探しませんでした。なんか絶対出てこない気がしたんですよね、まだ管轄外?みたいな感じ。

 

あと、久々に人を殺めてしまったのでちょっと自己嫌悪ですね〜。一応ちゃんと理由があったとはいえあんまり気分良くないです。

あんな闇討ちみたいなことじゃなくて、晩餐中に謁見をお願いして〜みたいな感じにすればよかった(´;ω;`)

結局サイラスさんどうなったか分かんないしな〜。

 

 

 

 

少年と雪

お久しぶりです!一月ぶりの更新ですね〜( ´・e・`)気まぐれなものですみません!

 

ここ最近は離脱の調子も戻って来て、打率も上がってきてます。

3月上旬は全然できなかったんですよね。おそらくグダグダな生活リズムとモチベーション不足が原因かと……。

 

以下今日のリダンツ日記

 

覚えてる限り抜けた記憶はなくて、突然名倉の自室だった。毎度恒例、タルパの等身大ポスターチェック。

 

うーん今日はまた随分とポップでキュートな絵柄だね!

絵から目を話すたび、ポスターの絵が変化することに気が付いて何度も見てました。

「砂漠さんどこかな〜」とポスターに話しかけると、「風呂場」という文字が浮かび上がったので階段を歌って踊って駆け下りながら風呂場へ。

 

いなーい!

しかし、リビングに戻ると見知らぬ少年がソファーに座ってました。

しめ「誰?」

少年「覚えてないんだ…(悲しげ)」

しめ「えっえっ えーっと砂漠さん…?」

というか思い当たる人物なんてタルパ氏しかいませんし。

 

少年頷いてましたが、内心別人では?と思ってます。見た目は似てなくもないんですが…なんかしっくりこない。

 

追及するのも悪いかなと思ったので、砂漠さん(ショタ)と思って接することにしました。

 

しめ「長期離脱したいんだけどなんか良い方法ない?」

ショタ「だったらおまじないしてあげる」

ギュッと強く抱きしめられた。

しめ「ありがとう(この体臭……砂漠さんのと違う気がする)」

 

 

しめ「…とりあえず遊びいこっか!窓から降りられる?(※ここは二階)」

ショタ「うん…」

手を貸しながらショタを安全に地面に落とし、私はいつものように地面に墜落しました。

 

しめ「雪積もってる!寒いね、長靴はこっか」

ショタ「なんだこれ、変なのっ笑」

今日は珍しく一発で召喚。私とショタの足に長靴が装着されました。

 

 

そのうち少年が雪玉をぶつけてきたので逃げる。結構痛いしどういうわけか5球連続で投げてくるんだもん…つくるの早すぎでは?

 

死角になる電柱の陰に隠れていると、いつの間にか子供が増えてて雪合戦になってました。

 

その間もずっと隠れて見守ってたんですが、突然どっからか湧いてきた青年に「あの子(ショタ)とセックスしてるところ見せてよ」と話しかけられたこと以外は平和でしたね。

 

雪遊びも落ち着いたみたいなんで出ていくと、ショタは子供達に空を飛べることを自慢してました。

女の子「すごい!役目がないと空は飛べないのに…」

しめ「私も空飛べるよ!(電柱を破壊し箒がわりに跨って近寄る)」

ショタ「遅い」

 

そんなこんなで子供達は解散

近所を歩いてみることにしました。

 

小さい子相手だしなんとなく背中に手を添えて歩いてたんですが、ショタも腕を回してきました。腹に。

 

しめ「ウッ…ちょっ、苦しいよ…なんか出そう」

ショタ「そう」

 

さっきの雪合戦といいなかなかサディスティックな少年だ…ますます砂漠っぽくない。

 

しめ「スーパー寄ろっか?あ、でもいっつも行ってるしつまんないよね」

ショタ「……」

しめ「あっあそこの花屋シャンプー屋さんになってるじゃん!へーなんか高そうなもんばっか並んでるな〜確実に4桁以上だわ」

ショタ「いつもどんなの使ってるの?」

しめ「これでも一応気を使ってるよ、800円くらいの選んでるもん」

ショタ「相場わかんない」

そうね……。

 

しめ「私今ちゃんと離脱できてるかな」

ショタ「うん、できてるよ。どうしたの?」

しめ「いや〜やっぱ長期離脱したいと思ってさ」

ショタ「上手くいくと一晩で一二週間滞在できるんだよね、すごいね」

しめ「ね〜」

 

そんな感じのこと話してたら戻されちゃいました。

シャンプーのくだりで少年の髪の毛触らせてもらったんだけど絹糸みたいでさらっさらでした。

 

砂漠さんは結構固い毛質なのにな〜。

戻ってきて本人に聞いて見たら、身に覚えがないと言われたのでやっぱりあの少年は砂漠さんではなさそう。

 

悲しみのチョコパフェ

15分くらいのスーパー短いリダンツ。

小学校の友達と道を歩いてるシーンで明晰化。Yちゃんはバレンタインのチョコをお兄ちゃんに渡すかどうか悩んでたけど「私一人っ子だからそういうの分かんない!」と伝えて駆け出して一人になりました。

 

数回前の離脱でパートナー受付のおばちゃんがいた駐車場に行ってみると、今回は普通の買い物客がいるだけでイベントとかはしてませんでした。

 

一応ローリングしとこうかな、と駐車場でゴロリンしたんですか名倉モブたちの視線が痛かった。今回はゴロリンしても場面変わったりとかの変化はなかったです。

 

あ、そうだパートナー…と思って「ゼロさ……じゃなかったゲツさん!」と呼びかけてみる。

右横に突然気配を感じて振り返ると男の人がいました。

(ついにゲツさんかな……?でもゼロさんって呼びかけた時点で気配あったぞ……?)

 

男の人は、この前見たゲツさんの顔写真とはちょっと違う気がしました。

「あのーお名前は…?」

「………………」

無視ー!!砂漠さんより無口だ!!!!

 

とりあえずついてこいと背中が語っていた(ような気がした)ので裏道に入る。

 

男の人はオレンジ色で細長いナップザックを首にかけて背負ってたので、いいところを見せたかった私は「それ持ちます!」とは言ったんだけど……

 

重っも!!!

なんだこれ15キロくらいあるんじゃないの?ってくらい重かった。無理して背負おうと格闘してたら、男の人が荷物を取り上げてまた背負ってました。

余計なことしてスミマセン……。軽々持っててすごいですね……。

 

そうしてある家の前まで案内されました。庭にプールがあった。

家の中に入ると、リビングと右向こうにキッチンが見えました。

玄関の床の上に蛇が二匹いて、じっと見てたら男の人が「大丈夫だから、手のひらに乗せて親指を近づけるとペロペロするよ」と手に蛇を乗っけてくれました。

言われた通りにしたら蛇の小さな舌が親指をチロチロ舐めて来たんですけど、正直男の人が喋った衝撃の方がデカかった。

 

再びリビングを眺め遣ると、キッチンに女の人が立ってるのが見えた。

優しそうな黒髪のお姉さんで、彼女さんなのかなあ?と思った。

突然蛇が小さい白い小鳥に変わってて、唇の端をちねられた。めっちゃいてえ。

 

お姉さんがトレーにチョコパフェ2つ抱えて近づいて来たのが見えたのにここで終了。

 

うわ〜パフェ……。

せっかく用意してもらってたのに申し訳なさすぎる。チェリーが乗ってたの覚えてます。

 

男の人は一体何者なんでしょうね?次も会えたらパートナーって事かなぁ。

もうスーパー無口で幸先が不安過ぎる。じろじろ見てたら失礼かとおもったのであんまり覚えてないけど、白い髪がふわふわしてたような?背が結構高くて痩せ型なのは覚えてます。

 

 あと離脱中に手のひらを見てたんですけど、現実の手のひらにはある傷跡が無くなってたのが印象的でした。

 

 

 

パートナー派遣のおっさん

四、五回目のコンティニューで窓から飛び降りようとしたら下に人だかり?ができてるのが見えた。

 

近所のおじさんおばさんが集まってる?

ふとあるおっさんが目に止まりました。

資料?を小脇に抱えて、なんかこっちに向かって手を振ってる。

 

おっさんといっても30後半くらい?無精髭にスーツといういでたち。

おっさんのそばに着地。

 

お「候補の二人の顔写真持ってきたぞ」

し「候補の二人??」

あっパートナー候補の…?!

 

a4くらいの紙にでかでかと顔写真、というか全身写真がプリントされてました。

し「えっめっちゃ可愛いじゃん」

モデル並みとは言いがたいけど地下アイドルっぽい。目が大きくて可愛い系の女の子の写真でした。もう一人の写真は渡されなかった。

 

し「あれっ女の子なの?男かと思ってた」

お「男のが良かったか?」

し「良かった(素直)」

いや今思えばその子でも良いんじゃないかと思うんだけどなぜかこの時はいやだった。

砂漠さん呼ぶ時近くに女の子がいたら私が勝手に嫉妬するのは目に見えてるのでナイス判断だったかもしれません。

 

お「どういう系統がいいんだ?(資料を見せる)アニメ系?こういう系は嫌なんだろ?」

し「いや別に嫌じゃないよ、あ〜この人とか良いな」

パッと見た感じで良さげな兄ちゃんを指さす。

長髪でイケメンだったことしか覚えてない。

お「ふ〜ん。分かった」

し「色黒で長髪が好きなんだよね〜。あ、その人なんて名前なの?」

お「こいつは○○と書いてゲツと読む」

し「へ〜ゲツさんね」

お「会いたかったら今日三時に離脱してこい」

し「無理です!!!」

 

ここで戻されコンティニュー。さっきの場所から始まった。

おっさん石垣に腰掛けて待っててくれたので私も隣に座る。

し「あっ、そういえば!自分離脱しても違う名倉に飛ばされて安定しないんだけどそのパートナーの人に会えるのかな」

お「会えるよ。そういうの(離脱先を調整する?)のはククがやってる」

し「クク?」

お「知らないか?このくらいのでかいマジックハンド持ってるやつ…最近はあまりこっちに来てないらしいから知らないのかもな」

し「え〜分かんない。そんな人に会ったらインパクトデカすぎてちゃんと覚えてそうだけど…私が忘れちゃってるだけかも」

 

お「そろそろ行くわ。ほらこれやるよ」

し「雑草集めたのを寄越すな」

私が消えた間にむしってたと思われる雑草の束を突きつけられた。

し「小脇に綺麗な花抱えてるの見えてますから!奥さんにあげるの?」

お「・・・・・・」

無言の肯定かな?

 

去り際にうまく空が飛べない という話をしたら、これ使え とほうきを渡されました。

し「えっ竹ぼうき!すごーい魔女みたいっておっさんもういないし」

 

よく見たらおっさんが天に向かって飛んでるのが見えたので練習がてらほうきに跨りおっさんを追う。

やっぱり目標がハッキリしてると上手く飛べますね!道具無しよりも断然飛びやすい。

空にかかってる電線を潜り抜け(やたら張り巡ってた)しばらくした時、前を飛ぶおっさんは突然急降下。地面の中に消えました……。

 

急降下直前に目が合ってニヤッとされたのであれは完全に私をおちょくってましたね!

自分も地面に入ろうかと悪戦苦闘したんですが肩までが限界でした。